9日午後4時10分ごろ、徳島市明神町3のJR牟岐線・東富田第3踏切で、高齢とみられる男性が海部発徳島行き普通列車(1両、乗員乗客39人)にはねられて死亡した。乗員乗客にけがはなかった。徳島中央署が男性の身元の確認を進めている。

 署などによると、現場は阿波富田駅の南西約400メートルの遮断機と警報器がある踏切。列車が時速約60キロで左カーブを走行中、運転士が踏切内に立っている男性に気付き、ブレーキをかけたが間に合わなかった。署が事故原因を調べている。

 列車は現場付近に約1時間停車。この影響で普通列車上下計5本が運休、上り2本が最大1時間遅れ、約900人の足が乱れた。