吉野川と勝浦川で、稚アユの遡上量が平年の3分の1程度に落ち込んでいる。6月のアユ漁解禁を控えて漁業関係者は不安を募らせており、稚アユの放流量を増やすなど対策を進めている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。