徳島県出身選手で男女を通じて初のW杯戦士が誕生した。マイナビ仙台所属の市瀬菜々(21)は身長160センチ。DFとしては小柄ながら、抜群の危機察知能力を武器になでしこジャパンの最終ラインに加わる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。