人形浄瑠璃で大鳴門橋の通行台数2億台突破を祝う地元の中学生=兵庫県南あわじ市の淡路島南PA

 本州四国連絡高速道路(神戸市)は11日、兵庫県南あわじ市の神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南パーキングエリア(PA)で、大鳴門橋の通行台数が2億台を超えた記念イベントを開いた。

 上り線のPAでは、地元の淡路三原高吹奏楽部によるブラスバンド演奏や南淡中郷土芸能部の人形浄瑠璃に続き、阿波踊りの浮助連が演舞で大台突破を祝福。ゆるキャラとの記念撮影やスタンプラリーもあり、大勢の家族連れでにぎわった。

 神戸市に向かっていた高松市の主婦湯川真梨子さん(36)は「橋のおかげで頻繁に本州と行き来ができる。暮らしに欠かせないですね」と話した。

 大鳴門橋は1985年6月に開通。2007年7月に通行台数が1億台を超え、今年4月27日に2億台を達成した。