色とりどりのバラを楽しむ子ども=藍住町矢上の町バラ園

 赤やピンク、黄など色とりどりのバラを楽しめる「あいずみ春のバラまつり」が、藍住町矢上の町バラ園で開かれている。18日まで。

 約2千平方メートルの園内には、葉も香る「ロサ・エグランテリア」や、高さ約2・5メートルの「スパニッシュ・ビューティ」など約320品種の約1100株が花を咲かせている。

 町の委託を受けてバラ園を管理している大久保明さん(76)=富吉=は「見た目も匂いもそれぞれ異なる。夜露の降りた早朝が最も香り高くなるのでお薦めです」と話した。

 18日午前10~11時にはバラの栽培講習会がある。

 バラ園は町役場から北へ約300メートルの正法寺川沿いにある。入場無料で終日開放している。問い合わせは町経済産業課<電088(637)3120>。