1年生7人が加わり、戦力が充実した四国大女子7人制ラグビー部=徳島市の同大しらさぎ球技場

 女子7人制ラグビーのリージョナルウィメンズセブンズ関東大会が11、12の両日、千葉県の麗澤ラグビー場で8チームが参加して行われ、徳島県の四国大が決勝で名古屋レディース(愛知)を32ー0で下し、初優勝した。四国大は国内最高峰の大会・太陽生命ウィメンズセブンズシリーズへの参入を懸けた入れ替え戦(7月開催予定)の出場権を獲得した。