鳴門で行われるラグビー・トップリーグカップの試合を告知するポスター

 ラグビーのトップリーグカップ(TL杯)2019第2節・神戸製鋼対豊田自動織機の試合が6月29日午後1時から、鳴門市の鳴門ポカリスエットスタジアムで行われる。県内でTLの公式戦が開かれるのは2年ぶり7度目。県ラグビー協会は「今秋にはワールドカップ(W杯)日本大会も控えており、ラグビーの面白さを味わってほしい」と観戦を呼び掛けている。

 神戸製鋼は昨季、TLを15大会ぶりに制し、日本選手権では18大会ぶりの日本一に輝いた。PR山下裕史、中島イシレリらW杯日本代表候補のほか、元ニュージーランド代表のSOダン・カーターやSHアンドリュー・エリスら海外の有力選手も多く在籍する。

 豊田自動織機は昨季のTLで15位にとどまり、下部のトップチャレンジリーグとの入れ替え戦に敗れて降格が決まった。主力選手の退団が相次いだ一方、今季からニュージーランド出身の名将ロブ・ペニー氏がヘッドコーチに就任。新指揮官の下、再昇格を目指す。

 6~8月に開かれるTL杯は、TL16チームとトップチャレンジリーグ8チームの計24チームが参加。6チームずつ4組に分かれてリーグ戦を行い、各組1位が決勝トーナメントに進む。通常のリーグ戦はW杯後の来年1月に始まる。

 試合に先立ち、午前11時15分からは徳島、愛媛、兵庫3県の女子7人制チームによる交流戦2試合も行われる。

 前売り券は一般1800円、小中高生500円(当日は各200円増)。チケットぴあ、徳島新聞社事業部、徳島新聞各販売店などで16日から販売する。問い合わせは県ラグビー協会<電090(4978)1045>。

 ◇ 

 TL杯に合わせ、徳島新聞社は創刊75周年を記念した「OUR RUGBYフェスティバル2019」を県ラグビー協会と共催する。試合前に選手らをハイタッチでピッチに迎える「花道キッズ」の小学生20人を募集する。申し込みは16日から徳島新聞社ホームページで。6月17日締め切りで、応募者多数の場合は抽選。問い合わせは平日午前9時半~午後5時半に徳島新聞社事業部<電088(655)7331>。