四国銀行が13日発表した2019年3月期連結決算は、売り上げに当たる経常収益が前期比4・1%減の452億2700万円、純利益が13・0%減の62億2100万円で、2期連続の減収減益となった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。