交通安全を願って作ったヒョウタン型ストラップ

 徳島北交通安全協会北島分会が発注していたヒョウタン型ストラップ約250個が完成した。17日に北島町役場前で行う交通安全キャンペーンで配る。

 町の形がヒョウタンに似ていることにちなみ、北島分会が町内の木工店に製作を依頼。桜の木で作られ、「除災招福」と記した袋に詰めている。

 ストラップの完成に合わせ、大将軍神社(中村)で交通安全祈願祭を実施。交通安全協会員や町職員らがおはらいを受けた後、玉串を奉納した。

 北島分会の井出輝久会長(85)=同町鯛浜=は「車につるすなどして、安全運転を意識してほしい」と話している。