JR四国バス(高松市)と海部観光(美波町)は14日、6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に伴う大規模な交通規制を受け、同月27~30日の4日間、徳島―大阪間の高速バスを終日運休すると発表した。

 JR四国バスは徳島―大阪のほか、高松―大阪、高松―関西空港の全便を運休する。徳島―大阪は平日が上下46便、土日祝日は上下49便を運行している。

 海部観光は、神戸経由を含む徳島―大阪の上下28便が運休。他の路線は通常通り運行する。

 徳島バス(徳島市)は徳島―大阪、徳島―関西空港、阿南―大阪の3路線を終日運休にする方針。30日については、南海なんば発、関空発の夜の各2便を運行する予定。