[磯]<中林>14日、南寄りのやや強い風で波も高く、消波ブロックの内向きしかサオを出せなかった。40センチのチヌと43センチのキビレを各1匹。

 <大島>14日、南寄りの強い風で波も高く、上がれる磯が限定された。下り潮で水温20・2度。底物仕掛けで40センチのイシダイと30センチのイシガキダイを各1匹。上物仕掛けはタキで30センチのグレ1匹と30、35センチのアイゴ2匹。桃オチで30センチのグレと20~25センチのイサギ30匹。オハナノ地で28~32・5センチのグレ7匹と25センチの本ハゲ1匹。

 <宍喰>14日、南寄りの風で雨も降り、波も次第に高くなった。水温19度。竹ケ島のクラセと松の下で30センチ前後のグレを各2匹。小型は多数釣れたがすべて再放流。

 [イカダ]<宍喰>14日、沖の1号カセで2人が25~38センチのグレ15匹。3号でも2人が25~35センチのグレ6匹と20~30センチのシマアジ3匹。

 [波止]<東沖洲>14日、新町川河口左岸では5~7センチのマメアジの食いが好調。夜明けごろからサビキ仕掛けで約150匹と18センチ前後のマイワシ30匹、13センチ前後のカタクチイワシ50匹。他にも多く釣っていた人がいたが数、型ともに未確認。日によってよく釣れる仕掛けが違うことがあり数種類持参する方がよい。

 <小松島港沖ノ一文字>14日、南寄りの風で波は穏やか。赤灯周辺で40センチのチヌ1匹と38センチ前後のキビレ5匹。白灯周辺で20~25センチのグレ10匹。

 <和田島大手海岸>13日、消波ブロックで17時から1時間半、上勝町の関本一己さんが沖アミを餌にフカセ仕掛けで50センチのチヌ1匹。(県釣連盟報道部)