徳島県人事委員会は15日、2020年度の県職員(大卒程度)と警察官A(大卒・大卒見込み)の採用試験実施要項を発表した。県職員の採用予定は135人程度(市町村立学校事務を含む)で、前年度より3人減った。

 県職員の採用試験は行政事務(56人程度)総合土木(15人程度)など15区分で実施。受験資格があるのは1983年4月2日以降に生まれた人。総合土木は89年4月2日以降に生まれた人を対象とする。17日~6月4日に受け付け、1次試験は6月23日に行う。

 警察官試験は89年4月2日以降に生まれた人が対象で、男性は前年度より12人少ない21人程度、女性は前年度と同じ6人程度を採用する予定。受け付けは17日~6月7日で、1次試験は7月14日。

 県外社会人枠(25人程度)と児童福祉職(5人程度)の日程も発表した。社会人枠は20年4月1日時点で59歳以下の人が対象。県外に本社がある民間企業などで、直近7年間に通算5年以上勤務していることが条件となる。受け付けは8月8~26日で、1次試験は9月29日。

 新たに設ける児童福祉職は20年4月1日時点で36歳以下の児童福祉司の有資格者を募集。7月1~29日に受け付け、1次試験は8月18日となっている。

 個別相談会は5月18、24、27の各日と6月1日、徳島駅クレメントプラザ5階のとくしまジョブステーションで開く。定員は4日間で48人(予約優先)。受験申込書の請求、問い合わせは県人事委員会事務局<電088(621)3212>。