爆発した石油タンク㊨の消火に当たる消防隊員=午前8時5分ごろ、徳島市末広1

 16日午前7時40分ごろ、徳島市末広1の徳島石油末広油槽所で石油タンク1基が爆発し出火。市消防局の消防車13台が出動して薬液などで消火、冷却し、約1時間45分後に消えた。徳島中央署や市東消防署によると、けが人はなく、周辺の建物の被害も確認されていない。出火当時、油槽所近くの新町川に止まっていた船から、地下パイプを通じて油槽所に燃料を送る作業が行われていた。