片付けに関心がある県内の中高年のうち、押し入れなどに物が入りきらなくなっている人が67%に上ることが、鳴門教育大大学院の黒川衣代教授(家族関係学)らの研究グループの調査で分かった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。