17日の衆院環境委員会で、自民党の福山守氏(比例四国)が質問に立った。福山氏は地球温暖化防止の観点から、低迷するフロン類の回収率向上を図るフロン排出抑制法改正案を巡り、原田義昭環境相の決意をただした。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。