将来設計のポイントを学ぶ参加者=徳島市の徳島新聞社

 「女性のためのマネーセミナー」が18日、徳島市の徳島新聞社であり、31人が将来設計のポイントを学んだ。

 ファイナンシャルプランナーの尾山道郎さん(41)が講師を務め、支出の見直しと効果的な資産運用を解説した。女性の生存余命は男性より長いとして「長期的な財源確保が必要」と指摘。老後に必要な貯蓄額を概算し、長期、分散、積み立て型の資産形成を提案した。

 尾山さんは「優先順位を考え、無駄な支出をなくす。積極的に動き、自分に合った財産づくりを実践することが大切」と述べた。

 金融コンサルティングHACO(徳島市)主催。19、20日も同会場で開かれる。