徳島大環境防災研究センターの設立15周年記念シンポジウムが18日、徳島市の常三島キャンパスであり、約200人が南海トラフ巨大地震への備えの重要性について学んだ。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。