他競技に先立ち開幕したテニスの男子ダブルスで熱戦を繰り広げる選手たち=大神子病院しあわせの里テニスセンター

 第59回徳島県高校総合体育大会(県教委、県高体連主催、徳島新聞社など後援)の先行競技のテニスが18日、徳島市の大神子病院しあわせの里テニスセンターで始まった。

 第1日は男子ダブルスの予選が行われ、20校の111組が出場。白熱のラリーやネットプレーを繰り広げた。19日は女子のシングルスとダブルスの予選、25日に男子シングルス予選、26日に男女のダブルス本戦などを行う。

 25日にはバスケットボールとサッカーの1回戦がスタートする。26日は小松島競輪場で自転車競技の優勝校が決まる。

 県高校総体は31日から6月3日までの4日間をメーン期間に、県内各地で32競技が行われる。