県東部12市町村でつくる「とくしま地産地消推進協議会」は、地元農産物を使った料理やスイーツを提供する店を紹介した冊子「とくしまIPPIN店ガイド2019」(A5判、写真)を約3万3500部作った。

 171店を掲載。阿波牛のステーキ、なると金時のようかん、渭東ネギが入ったギョーザなど、地域の食材で作った各店のメニューを取り上げている。掲載店や宿泊施設などに無料で置く。

 協議会は09年度から地元食材メニューの提供店を「とくしまIPPIN店」に認定。毎年ガイドを発行している。問い合わせは協議会事務局の徳島市農林水産課<電088(621)5246>。