[イカダ]<ウチノ海>19日、強い南寄りの風で波が少々あったが、チヌの食いは活発。湾口のカセでコーンと沖アミを使い25~46センチを10匹。別のカセでサナギとコーン、パッチンを餌に30~43・5センチを6匹と40センチのキビレ1匹。別のカセでヨウセイエビとサナギを餌に25・5~44センチを5匹。近くのヤカタでサナギを餌に32~40・5センチを5匹と28~33センチのキビレ5匹。近くではサビキ仕掛けで18~20センチのアジと18~23センチのマイワシを26リットルのクーラーに満杯。

 [波止]<鳴門観光港>19日、南寄りの風が吹き釣りづらかった。サビキ仕掛けで夜明けすぎから3時間余りで15~20センチのアジ30匹と15~23センチのイワシ50匹。近くではサビキ仕掛けにウキをつけたチョイ投げで同様の釣果。

 <小松島港沖ノ一文字>18日、日暮れごろから電気ウキ仕掛けで活きエビを餌に4人が20~23センチのメバル30~40匹。

 <赤石東ふ頭>19日、サビキ仕掛けで12~13センチのイワシの食いが活発。地元の人が約200匹。別の人も100~200匹。18日にはイワシを餌にチョイ投げで45センチのヒラメと30センチのサバを各1匹。

 [投げ釣り]<北の脇海岸>19日、強い南寄りの風で波が高く、切れた海藻が仕掛けに絡み釣りづらかった。釣り具メーカー主催のキスの投げ釣り大会に61人が参加し、55人に釣果があった。釣ったキスの匹数で競い、優勝は鳴門市の八木俊二さんで37匹。2位は北島町の柳本耕四郎さんで33匹。3位は鳥取県の山崎和也さんで32匹。上位7人が9月に鳥取県弓ケ浜で行われる全国大会の出場権を得た。

 [船釣り]<鳴門海峡>19日、南の風が強く、潮が引き潮に変わってから次第に波が高くなった。乗合船で高比重のタングステンの100グラムのメタルジグで35~70センチのマダイ7匹。別の人も同様の仕掛けで同型6匹。タイラバージグで狙った人は30~45センチを8匹。初めての人は55センチを1匹。18日には4人で35~50センチのマダイ24匹。(県釣連盟報道部)