徳島県内は20日夜、南から暖かく湿った空気が流れ込んだため各地で大雨となり、徳島市では1時間に30~40ミリの激しい雨を観測した。この影響で各地で道路の冠水が相次いだ。

 気象台は同日午後11時50分現在、阿南市と那賀、美波、牟岐、海陽の各町に大雨・洪水警報、徳島、小松島両市と勝浦、上勝の両町に大雨警報を出して警戒を呼び掛けている。美波町赤松地区には避難勧告が発令されている。