建設業の廣間組(那賀町)が、過疎高齢化が急速に進む地域の活性化と自社の生き残りを懸け、地元の木頭杉の間伐材を有効活用する新事業に力を入れている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。