徳島県警捜査2課と徳島板野署、徳島名西署は20日、詐欺の疑いで、大阪市阿倍野区、無職の男(24)=詐欺未遂の罪で起訴=を再逮捕した。男は特殊詐欺グループの受け子役とみられる。

 再逮捕容疑は、4月23日に複数の氏名不詳者と共謀。架空の民事訴訟の和解供託金名目で、埼玉県の70代男性から750万円をだまし取ったとしている。

 県警によると、3月下旬、男性の自宅に「民事訴訟最終通達書」と書かれたはがきが届いた。男性が記載された連絡先に電話したところ、弁護士を名乗る男が「原告と和解するための供託金が必要」と説明。4月中旬に男から現金を要求され、男性が750万円を東京都世田谷区のアパートに宅配便で送り、無職男が受け取った。

 板野郡内の女性から現金450万円をだまし取ろうとした詐欺未遂事件の取り調べで、無職男の関与が浮上した。