一番人気の「いか天ざる」のイカ天はやわらかでジューシー

 徳島市の調理師専門学校に通いながら県内外でうどんの食べ歩きを重ねていた同市出身の城野泰樹さん(29)が、徳島・香川両県の専門店での6年間の修業を経て2月に独立した。店主の人柄が表れた優しい味わいの一杯を求めて、常連客らが連日通っている。

大ぶりでやわらかなかしわ天がのった「かしわ天ざる」

 麺は香川県産の小麦粉を数種類配合し、しっかりと足踏みしてから打っており、しなやかな弾力と滑らかなのどごしを楽しめる。3年熟成の利尻昆布や伊吹いりこ、かつお節2種類を使って26時間かけてうま味を引き出した、やや甘めのだしとの相性は抜群だ。

「おいしいうどんをおなかいっぱい食べてほしい」と話す城野泰樹さん。メニューはどれもボリューム満点だ

 一番人気は、ざるうどんにイカの天ぷら10切れが豪快に盛られた「いか天ざる」(700円)。日本海の荒波にもまれた石川県産のスルメイカの天ぷらは、肉厚なのにやわらかく、かむほどにうま味があふれ出す。

落ち着いた雰囲気の店内

 同じく人気の「かしわ天ざる」(700円)は、県産の鶏胸肉を使った大ぶりでジューシーな天ぷらが5個のっていて食べ応え十分だ。かけうどんにイカ天がのった「いか天うどん」(600円)なども人気が高い。

讃岐うどんしろちゃん

 「おなかいっぱい食べてほしい」との思いから、麺は並でも一般的な店の2玉分ある。麺を半分ほどに減らすこともできるが、料金は変わらない。並に100円追加すれば麺を2倍に増やせる。=価格は税込み

■讃岐うどん しろちゃん
 住所=徳島県小松島市小松島町新港33-7
 営業時間=午前11時~午後3時(売り切れ次第終了)
 定休日=火曜
 駐車場=10台
 問い合わせ=〈電0885(38)6422〉