阿波市吉野町西条の一条認定こども園の園児が、園庭でピンクのキリギリスを捕まえた。子どもたちは「初めて見た」と喜んでいる。

 16日午前10時半ごろ、園庭の草むらで虫取りをしていた5歳児3人が見つけた。体長は約5センチで、虫かごに入れて餌を与えたり観察したりしている。最初に見つけた森本晋羽ちゃん(6)は「大きくなってほしいな」と話している。

 県立博物館の山田量崇学芸員によると、種類はクビキリギスで、通常は緑や褐色をしているという。遺伝的な変異などでピンクになることがあるといい、博物館には毎年数件の問い合わせがある。