四国電力は22日、太陽光の発電量が多い日を予測し、家庭に設置された電気給湯器の湯沸かし運転を遠隔操作で夜間から昼間にシフトする実証試験を、今秋から約1年間、香川県内で実施すると発表した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。