27日に新築オープンする阿波銀行二軒屋支店=徳島市二軒屋町3

 阿波銀行は27日、徳島市二軒屋町3の二軒屋支店を新築オープンするとともに、同市問屋町の問屋町支店を統合する。老朽化に伴う二軒屋支店の建て替えに合わせて人員を集約し、窓口業務を効率化して外回りなどの営業体制を強化するとしている。問屋町支店は24日に営業を終える。

 新しい二軒屋支店は鉄骨2階建て延べ765平方メートルで、現店舗の南側に完成した。バリアフリー対応で、1階はエントランスや壁面の一部に藍染の杉板などを採用し、相談ブースやトイレ、現金自動預払機(ATM)3台などを備えた。2階には貸金庫(150個)やセミナールームなどを用意している。

 新店舗の当初の人員は二軒屋(28人)、問屋町(6人)両支店を合わせた34人。駐車場は当初14台を確保。現店舗を取り壊して駐車場にする予定で、工事が完了する12月9日以降は27台となる。

 問屋町支店は統合後もATM2台と両替機1台を引き続き設置する。通帳やキャッシュカードはそのまま使える。阿波銀の有人店舗は87カ所になる。