徳島市の高齢者宅などに23日、市職員を名乗る不審な電話が、少なくとも34件あった。被害は確認されていない。県警は特殊詐欺の前兆「アポ電(アポイントメント電話)」の可能性が高いとして注意を呼び掛けている。

 市や県警によると、電話はいずれも市保険年金課や総務課などの課名、職員を名乗る男からかかり「保険料の還付があるので、銀行の担当者から連絡させる」「電話で手続きすれば保険料が還付できる」などと言われた。不審に思った住民が市役所に問い合わせたり、県警に相談したりして発覚した。中には口座を持つ銀行名を伝えた人もいるという。

 市保険年金課は、保険料の還付や医療費の払い戻しに関する連絡は郵送で行っているとして「口座番号を電話で尋ねたり、金融機関から手続きを連絡してもらったりすることはない」としている。