神山町職員左に案内され、家族用の部屋を見学する参加者=同町神領

 徳島県神山町が神領大埜地地区で整備している「若者・子育て世代向け集合住宅」の見学ツアーが24日始まり、町内外から約34人が参加した。26日まで。無料。

 町職員が近く完成する住宅を案内。家族用の部屋2種類のうち、メゾネットは玄関に作業用スペースがあり、バリアフリー仕様のフラットは車いすでも移動しやすいといった特徴を紹介した。

 参加者は単身者用の部屋(個室と共有のリビングとダイニング)も見学した。単身者用に入居予定の鬼籠野の20代女性は「作り手の心配りを感じた。地域の人と交流し、自然を感じながら生活するのが楽しみ」と話した。

 見学は午前10時~午後3時。25、26の両日は座談会があり、入居者らが住み心地や設計のポイントなどを語る。