起業家育成などを目指す協定書を交わした野地氏(右)と生原氏=東京都港区

 徳島大と創業支援会社「R|StartupStudio(アール・スタートアップスタジオ)」(東京)は24日、起業家教育を目的とする連携協定を結んだ。

 徳島大は2018年、研究成果を生かして新事業創出を目指す「徳大産業院」を創設。同社は資金調達など創業支援のノウハウを持つ。連携による相乗効果で起業家を育成する。

 都内の同社で野地澄晴学長と生原雄大代表取締役が協定書に調印した。野地学長は「教職員、学生の東京での拠点として活動し、徳島を活性化させたい」、生原代表取締役は「徳島大と手を携え、さまざまな活動に取り組む」と話した。