四国4県や四国地方整備局などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は24日、一時解除している徳島、香川両用水の取水制限を25日午前9時から再開すると発表した。早明浦ダム(高知県)の貯水率が同日に60%程度に落ち込むことが予想されるため。

 カット率は徳島用水16・5%、香川用水20%で、供給量は徳島用水が毎秒45・47トン、香川用水が4・34トンとなる。取水制限は降雨により21日午前9時から一時的に解除されていた。しかし、その後まとまった雨がなく、早明浦ダムの貯水率は24日午前0時時点で63・8%(平年95・7%)にとどまっている。

 連絡協事務局は「降雨がなければ6月10日にも貯水率が45%程度になり、第2次取水制限に移行する可能性もある」としている。