来年の東京五輪で初めて実施されるサーフィンの世界最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)の男子で25日、21歳の五十嵐カノア(木下グループ)が日本人として初めて優勝した。(共同)