ライトハイザー米通商代表(左)と会談する茂木経済再生相=25日夜、内閣府(代表撮影)

 日米両政府は25日、東京都内で貿易交渉の閣僚協議を開いた。27日の安倍晋三首相とトランプ米大統領の首脳会談を前に、農産物や工業製品の関税分野で交渉を前進させたい考えだったが、双方の意見の隔たりは埋まらなかった。茂木敏充経済再生担当相は協議終了後に取材に応じ「現段階で日米の立場は一致していない」と述べ、合意までには距離があると指摘。首脳会談で貿易交渉を巡る何らかの合意が得られることはないとの見通しを示した。

 米側はライトハイザー通商代表が出席した。米国側は農産物、日本側は自動車などの工業製品の関税引き下げや撤廃をそれぞれに求めた。