就任宣誓する南アフリカのラマポーザ大統領は25日、プレトリア(ロイター=共同)

 【ナイロビ共同】南アフリカの下院本会議で再選出されたラマポーザ大統領は25日、首都プレトリアで就任宣誓した。「新たな時代の幕開けだ。課題は山積するが、克服できないことはない」と演説し、汚職対策や経済再建に引き続き取り組むと訴えた。

 ラマポーザ氏は昨年2月、汚職疑惑や景気低迷で失脚したズマ前大統領の後を継いだ。ラマポーザ氏は演説で「効率的で倫理にのっとった、汚職のない国をつくる」と述べ、ズマ氏との違いを強調した。

 与党アフリカ民族会議(ANC)にズマ氏の勢力が残り、ラマポーザ氏と対立しており、ズマ氏は就任式を欠席した。