27日放送のバラエティー番組『有吉ゼミ 八王子リフォーム新章スタート2時間SP』の模様(C)日本テレビ

 タレントのヒロミが“棟梁”を務める人気企画「ヒロミリフォーム」が、あす27日放送の日本テレビ系バラエティー番組『有吉ゼミ 八王子リフォーム新章スタート2時間SP』(後7:00~9:00)で半年ぶりに復活。昨年いっぱいで芸能活動から引退しプロデュース業などに専念している滝沢秀明氏に代わる、新たな“弟子”も迎え入れる。

【番組カット】黙々とリフォームに取り掛かるヒロミ

 今回の舞台は、今年の3月に新しく発足し、なでしこリーグを目指すという山梨県初の社会人女子サッカーチーム「FCふじざくら」。現在は7部に所属しているが、なでしこリーグ1部に上がるべく猛練習をしている。

 彼女たちの部室になっているクラブハウスは、だだっぴろい35畳の空間で、ゴルフ場のお下がりの小さなロッカーがならぶも、着替え用の目隠し等も一切無い殺風景な場所。今回は番組史上初、女子サッカーチームのクラブハウスをリフォーム。仕事と練習で疲れきった選手たちが癒されるナチュラルモダンスタイルに作りかえる。

 まずは、ゴルフ場からのお下がりのロッカーを撤去していると、新弟子が「棟梁! 棟梁! おはようございます」と登場。ヒロミが「ごめんね、今収録中」とあしらおうとすると「滝沢くんに現場に行けと言われて来たんですけど…。一応滝沢くんにこれも持っていけって言われて、履歴書です! 2番目の弟子にしてもらいたいです」と志願した。

 ヒロミが「弟子なんかそう簡単になれませんから。滝沢でさえ見習いから始めたんだぞ」と諭すも、マイペースに「僕もそんな形で」と懇願。ヒロミもたまらず「お前が決めるんじゃねーんだよ! お前、今までの中で一番俺に軽い感じだぞ」とツッコミを入れるも、とりあえず見習いにしてみることを決めた。

 新たな弟子が見つめる中、クラブハウスの壁を、躊躇なくぶっ壊していくヒロミ。新弟子が「これ僕もやっていいんですか?」と伺いを立てるも、ヒロミは「ダメ!」ときっぱり。その後、しばし掃除をした後に「まだダメですか?」と食い下がるも、許可がおりず「OKっす」と軽いノリで返答する。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。