第59回徳島県高校総合体育大会(県教委、県高体連主催、徳島新聞社など後援)は26日、各地で3競技が行われ、自転車は小松島西が2年連続15度目の総合優勝を果たした。

 男子スプリントは、3月の全国選抜大会で準優勝した太田彪馬(小松島西)が2連覇。女子500㍍タイムトライアルも選抜5位入賞の藤原春陽(小松島西)が制した。サッカーは男子1回戦の残り7試合が行われ、16強が出そろった。テニスは男女の個人戦があり、ダブルスの8強、シングルスのベスト32が決まった。

 ◆自転車・結果

 ◆サッカー男子1回戦・結果