組み合わせのくじを引く選手=徳島市の八万中央コミュニティセンター

 第13回徳島新聞社杯兼第41回県ミニバスケットボール選手権(県バスケットボール協会、徳島新聞社主催)が6月23日に開幕する。組み合わせ抽選会が26日、徳島市の八万中央コミュニティセンターであり、男女計72チームの対戦相手が決まった。

 試合は6月23、29、30日、7月6、7日の5日間、松茂町総合体育館など5会場で行われる。

 抽選会には男女各36チームの選手や保護者ら約200人が出席し、順にくじを引いた。選手宣誓は牟岐男子の川野夏都主将(10)=牟岐小5年=に決まった。

 開会式は23日午前9時10分から美波町の日和佐総合体育館で開催。決勝は7日に藍住町民体育館。各試合の会場と開始時刻は6月上旬に発表される。

 ◆主管=県ミニバスケットボール連盟、特別協賛=大塚製薬

 大きい声で堂々と

 開会式で選手宣誓する牟岐男子の川野主将は「まさか自分が当たるとは思わなかった。とても緊張する」と話した。驚きと興奮を隠せない様子で、「練習を重ね、大きい声で堂々と宣誓したい」と意欲をにじませた。

 今年はチームに6年生の選手がいないものの「監督が教えてくれることを精いっぱい練習し、チームを引っ張っていきたい」と意気込んだ。