バングラデシュのハシナ首相

 【ニューデリー共同】バングラデシュのハシナ首相が28日から訪日し、2016年に首都ダッカで日本人7人を含む22人が死亡した飲食店襲撃テロの日本の遺族と面会する予定であることが26日、バングラデシュ政府当局者の話で分かった。滞在中は安倍晋三首相とも会談する予定。

 テロに絡んで同国当局が公開手配した日本国籍の元大学准教授、モハンマド・サイフラ・オザキ容疑者(36)が、過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦中にシリアで投降し、イラク北部クルド人自治区で拘束されていることが判明している。身柄の移送など今後の処遇は不明で、首脳会談で議題となるか注目される。