19年ぶりに東京D単独公演が決定したジャニーズJr. のなにわ男子、Snow Man、Travis Japanたち (C)ORICON NewS inc.

 ジャニーズJr.が8月8日に東京ドームで2000年10月以来、約19年ぶり(※)となる単独ドーム公演を行うことがわかった。26日、さいたまスーパーアリーナで開催されたライブイベント『ジャニーズ IsLAND Festival』内で発表され、会場の2万1000人のファンから大歓声が巻き起こった。東西Jr.の総勢300人が集結予定となっており、Snow Manの岩本照は「ジャニーズJr.盛り上がっていくぞ!」とブチ上げた。

【別カット】東京D公演決定を喜ぶなにわ男子、Snow Man、Travis Japan

 この日はジャニーズJr.の人気グループ・Snow Man(岩本照、ラウール、深澤辰哉、向井康二、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平、目黒蓮)、Travis Japan(宮近海斗、吉澤閑也、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、松倉海斗、松田元太)、なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)らが出演する初の合同コンサート。

 参加メンバーはこの一大発表に、「東京ドーム!」「ドーム公演だぜ!」と声を揃えて気合十分。宮近は「今まで頑張っててよかったと全員が思えるくらいのイベントなのでワーワーいってました」と裏での様子を報告した。
 
 この他にも7月27日から東京ドームシティホールにて行われる『Summer Paradise 2019』にSnow ManとTravis Japanがそれぞれ出演。SixTONES、Snow Man主演舞台『少年たち』が9月に東京・日生劇場、なにわ男子主演舞台『少年たち』が8月に大阪松竹座で上演されることも決定。西畑は「7人で少年たちをするのが初めてなのでどんな『少年たち』になるのか、今まで通りなのか違う作品になるのか僕らも楽しみ。大阪ですけど観に来てください」と呼びかけた。
 
 また、Travis Japanは、滝沢秀明氏が構成・演出を務める初主演舞台『虎者-NINJAPAN-』が11月に東京・サンシャイン劇場など全国4ヶ所で上演されることも発表され、宮近は「海外進出を目指して頑張りたいので、みなさんもサポートをお願いします」と大きく掲げた。さらに初のWEB CMとなるサントリー『オランジーナ100』への出演決定と、うれしい報告の連続に笑顔が弾けた。

 ライブ本編では、各グループの持ち曲コーナーはもちろん、先輩たちの名曲を歌唱する『ジャニーズHit Songメドレー』やグループの垣根を超えたシャッフルメドレーなどを2時間半で33曲(メドレー1曲換算)を披露。今年から9人体制となりさらにパワーアップしたSnow Man、昨年結成されフレッシュさと勢い全開のなにわ男子、10月にはオースティン・マホーン東京公演のSPゲストにも抜てきされるなどパフォーマンス力抜群なTravis Japanがそれぞれの個性を武器に白熱のステージを展開した。

 グループシャッフルでは、修二と彰の「青春アミーゴ」を身長182センチのラウールと176センチの道枝の次世代を担う2人が歌唱。足を上げる振り付けではその長さに驚く歓声が湧き上がり、道枝が「身長が高くてびっくりしました」と恐縮すればラウールは「関西の子とできたうれしさを感じてます」と喜んだ。そんなラウールが「(身長は)今も伸びてる?」と報道陣から聞かれ「伸ばさせていただきます」と初々しく報告すれば「カワイイ!」とメンバーも大興奮だった。

※2000年10月に東名阪3ヶ所でドーム公演。2006年3月にはデビュー前のKAT-TUNがジャニーズJr.として単独公演を開催している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。