月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話に出演する板橋駿谷 (C)フジテレビ

 放送中のNHK朝ドラ『なつぞら』の高校生“番長”を34歳ながら演じて存在感を放った俳優の板橋駿谷(いたばし・しゅんや)が27日放送のフジテレビ系連続ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話で“月9”枠に初出演することがわかった。板橋は「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった!って強く思いました」と喜びをめいっぱい表している。

【場面カット】妻役の佐藤めぐみとの2ショット

 板橋は、福島県出身の34歳。これまで舞台を中心に活躍し、昨年は、『宮本から君へ』(2018年4月期/テレビ東京系)、映画『ギャングース』などにも出演。満を持して朝ドラで脚光を浴びた。今作では主演の窪田正孝はもちろん、朝ドラでヒロインを演じる広瀬すずの姉・広瀬アリスと初共演を果たすこととなった。

 板橋は「時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました。有り難いことです、ほんとに。その方々や初めて俺を知る方々にも楽しんでもらえるように精いっぱい演じさせていただきます!!!」とやる気十分。

 「『なつぞら』の現場でも監督をはじめ、たくさんのスタッフの皆様、キャストの皆様、たくさんの方々に助けてもらいました。現場での過ごし方、周りへの気配り、それぞれの芝居の仕方。目で見て、肌で感じることができたので、それをしっかりと形にできるよう生かしていきたいと思います」と気を引き締めている。

 患者の病、けがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く同作で板橋が今回演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(佐藤めぐみ)と二人暮らしをしている若井祐一。定職に就いておらず、アルバイトをしている祐一は、腹痛を起こして主人公たちの勤める甘春総合病院で診察を受けた陽子を心配し、病院にかけつける。家計を支えるために仕事を持っていた陽子は夫を気遣い、「盲腸だが薬で散らせるようなので普通に働ける」と伝える。陽子は、祐一との子どもを望んでいたが、金銭的な理由もあって祐一はまだそんな気になっていないよう。さらに、祐一には、陽子に秘密にしていることがあり…。

 「『なつぞら』の番長とは違って、今回は実年齢に近い役です(笑)! 日頃、月9を楽しみにしている皆様、“板橋駿谷”が初見の皆様、いつも応援していただいている皆様に新たな一面をお届けできるよう頑張りました。オンエアのその日まで楽しみにしていてください!」と呼びかけている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。