参院選「徳島・高知」選挙区の野党統一候補が、2016年の前回選挙に比べて3カ月近く遅れ、ようやく決まった。共産党を除く野党各党の候補者選びが難航し、最終的に党本部レベルで判断を仰ぐ格好となったためだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。