和牛の精液と受精卵が不正に中国へ持ち出された事件で、運搬役で家畜伝染病予防法違反などの罪に問われた焼き肉店経営前田裕介被告(51)と無職小倉利紀被告(64)の初公判が30日、大阪地裁で開かれた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。