航海の道しるべとして、行き交う船の安全を守る灯台。岬や防波堤にぽつんと立つ姿はどことなく哀愁を漂わせ、周辺の風景に味わいを与えている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。