阿南市の椿地区で唯一の医院「椿診療所」を営んでいた中野益弘医師(84)=椿町地蔵ケ谷=が3月末に引退し、市が運営を引き継いで7月末に「市国民健康保険椿診療所」として再開する。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。