山開きした弁天山を訪れた人たち=1日午前、徳島市方上町

 標高わずか6・1メートルと自然にできた山としては日本一低いとされる徳島市方上町の弁天山で1日、山開きの式典が開かれた。高さにちなんで、地元保存会が毎年6月1日に実施しており、18回目。

 近くに住む会社員元木亮介さん(41)は3歳の息子と参加し「初めて来たが、子どもと一緒でも楽だった。20歩か30歩で頂上に行けた」と笑顔で語った。他にも多くの親子連れが、手をつないで上っていた。

 国土地理院によると、弁天山より低い人工の山は大阪市の天保山(4・5メートル)がある。保存会は「自然の山では日本一低い」と主張している。