[友釣り]<海部川>1日、先日の増水で一部、コケの流れている場所もあるが水位は平水より下がっている。下流は天然遡上(そじょう)の10センチほどのアユが見えるものの目立った釣果は聞かれなかった。玉笠では15時に納竿し、12~18センチを31匹。支流の相川谷で午前中、10~18センチを21匹。14時まで親子が24、28匹。別の親子3人が12~15匹。

 <鮎喰川>1日、平水より少し水位は下がった。15~18センチのアユを主体に、阿川のオトリ店前では14時ごろまでに10匹。別の人も同様の釣果。下分でも15時ごろまでに15匹。

 [イカダ]<ウチノ海>1日、中央付近のヤカタで沖アミを餌にフカセ仕掛けでマダイは、30、50センチを2匹。別の人は50センチを1匹。夫婦が50、62センチを2匹と35~40センチのチヌ3匹。近くでは35、40センチのチヌ2匹と数は未確認だが20センチ前後のアジもよく上がった。カカリ釣りでは25~30センチのチヌ5匹。

  [磯]<大島>1日、底物仕掛けでイシダイは、ソエバで37、50センチを2匹と28、38センチのイシガキダイ2匹。別の人も50センチを1匹。沖ソエでも41~47センチを4匹。ゴマでは47~55センチを3匹と29センチのイシガキダイ1匹。大バエで42センチを1匹と27~37センチのイシガキダイ6匹。フカセ釣りでイサギは、潜航艇で30~42センチを16匹と27~40センチのグレ5匹。ピストルは30~35センチのグレ3匹。川村バエは2人で30~37センチを6匹と32~35センチのグレ5匹、35センチのフエダイ1匹。大バエで28センチを1匹と27~37センチのグレ9匹。一番は26~32センチを3匹と30~32センチのグレ8匹、30センチのアイゴ1匹。タニハン地で30~38センチのグレ4匹。

 <中林>1日、グレは、エンバエ西で勝浦町の前田晃司さんが13時までに23~28センチを16匹。その後別の人が25~27センチを4匹。西の胴は24~28センチを6匹。高崎で25センチを2匹と42センチのチヌ1匹。別の人が23~30センチを15匹。徳島市の岡田克彦さんは25~28センチを6匹と11時ごろから消波ブロックに替わり25~30センチを14匹追加。

 [ルアー]<福村>1日、淡島回り周辺の5カ所の磯に分かれてメバル狙いで上がった。合わせて25~29センチを18匹と40センチのヒラスズキ1匹。ガガネはどのハエもよく上がった。

 [船釣り]<鳴門海峡>1日、波風ともに穏やかで、濁りもほとんどなく水温18・4度。乗合船で7人がタイラバージグで35~45センチを主体に35~70センチのマダイ50匹。

 <牟岐沖>1日、3人で32~40センチのイサギ50匹と45センチのヒラソウダ1匹。(県釣連盟報道部)