10台が絡み2人がけがを負った事故現場=3日午後7時ごろ、徳島市応神町古川

 3日午後5時10分ごろ、徳島市応神町古川の吉野川橋北詰め県道のアンダーパスで、クレーン付き14トントラックが高さ制限ゲート(高さ3・8メートル、幅8・8メートル)に衝突し、倒れたゲートが後続のトラックや対向する乗用車にぶつかるなど計10台が絡む事故があった。うち1・5トントラック1台が横転し、運転していた北島町の40代会社員男性が頭を切り、助手席の徳島市の50代会社員男性がろっ骨を折るけがをした。

 徳島板野署によると、現場は吉野川橋をくぐる片側1車線の直線道路。徳島市の40代会社員男性のクレーン付きトラックが衝突したゲートは、後続の12トントラックの荷台部分に挟まった。トラックは引きずる状態で約60メートル走行し、対向する乗用車やトラックなど数台にぶつかった。署が詳しい事故原因を調べている。

 事故の影響で、アンダーパスの全区間約600メートルは約3時間通行止めとなり、約2キロ渋滞した。