佐藤さんが開設するシェアハウス=阿南市津乃峰町長浜

 徳島市安宅3の広告デザイナー佐藤勇斗さん(33)が、阿南市津乃峰町長浜にゲーム好きな人のためのシェアハウスを開設する。最大6人が入居可能。住人同士で切磋琢磨してもらい、県内を拠点にオンラインゲームの腕前を競う「eスポーツ」の大会で活躍するプロゲーマーを育てるのが目標だ。

 シェアハウスのアイデアは、編集者として東京の出版社に勤務していた頃に思い付いた。秋葉原で暮らし、ゲームセンターに通い詰めた経験から、「ゲーム好きが集まってゲームに打ち込める場所があれば、面白い人材が生まれるのでは」と考えた。

 空き家になっていた親族の持ち家(木造2階建て)などを活用。所有する業務用の中古ゲーム機と、家庭用のゲーム機を備える。佐藤さんが使っている乗用車もシェアカーとして提供する。家賃は全員で月7万円。建物の修繕や改装、設備の拡充などは住人で負担してもらう。

 牟岐町出身で東京在住の男性が5月末に入居。さらに入居を考えている3人と面談を済ませており、男性と話し合いながら入居者を決める。

 佐藤さんは「地域で働く『兼業プロゲーマー』や、ゲームに関わる起業を目指す人に入居を考えてほしい」と話している。

 入居の問い合わせはメール<info@3100.work>で受け付けている。