応援用うちわを作る元チームメートの保護者=徳島市内

 7日(日本時間8日)に開幕するサッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に出場する市瀬菜々選手(21)=徳島市出身、マイナビ仙台=ら、日本代表「なでしこジャパン」を応援するパブリックビューイング(PV)が徳島市内2カ所で開かれる。

 1次リーグ3試合の開始時刻は、アルゼンチン戦が11日午前1時、スコットランド戦14日午後10時、イングランド戦20日午前4時=いずれも日本時間。PVはアミューズメントバーFly(仲之町1)が全3試合、骨付き阿波尾鶏一鴻徳島駅前店(寺島本町東3)は14日に行う。

 Flyは縦2・5メートル、横3メートルの大型スクリーンなどモニター6台で観戦する。午後8時に開場し、料金2千円(3時間飲み放題)。日本代表のタオルが抽選で当たる。

 一鴻は50インチのモニター2台を用意。開場は午後9時半で料金2500円(3時間飲み放題)。日本代表のメモ帳などがもらえる。

 W杯に出場する県出身者は、男女を通じて市瀬選手が初めて。なでしこジャパンは前々回の2011年に優勝、15年に準優勝した。

 問い合わせはFly<電088(611)8883>、一鴻<電088(678)5995>。

 川内中時代のチーム保護者 応援うちわ作製

 サッカー女子W杯フランス大会に出場する市瀬菜々選手を応援しようと、川内中(徳島市)サッカー部で市瀬選手とプレーしたチームメートの保護者が応援うちわ100枚を作った。PV会場で配る。

 うちわは、なでしこカラーの青とピンクを基調に「NADESHIKO 必勝 nana」などと記している。7人が徳島市内の市瀬選手の実家に集まり、うちわの枠の既製品に別注の紙を貼った。

 14日午後10時から一鴻徳島駅前店であるスコットランド戦のPVで、観戦者に渡す。

 徳島市川内町鶴島、会社員林晃代さん(47)は「力いっぱい声援を送り、後押ししたい」と話した。

 横断幕(縦約1メートル、横約9メートル)も作った。「祝 市瀬菜々選手おめでとう」と書かれている。川内中正門横のフェンスに設置した。