阿波市のガーデニング愛好家が自宅の庭を開放して花木を観賞してもらう「阿波オープンガーデン2019」が今年も行われた。14軒が会場となり、市内外から訪れた約5500人が趣向を凝らした庭や色鮮やかな花々などを楽しんだ。イベントの様子を写真で紹介する。

写真を拡大 色とりどりのバラなどが咲く庭。花の種類や飾り方は毎年変わり、常連客を楽しませる=阿波市阿波町北原
写真を拡大 オルレアや千鳥草など約100種の花が咲いたエリア。来場者はカメラやスマートフォンを片手に散策する=阿波市阿波町四歩一
写真を拡大 キャットミントやラベンダーなどが育てられている庭では、ハーブの香りが漂う=阿波市阿波町四歩一
写真を拡大 ピンク色に咲くバラのトンネルを楽しむ親子=阿波市吉野町柿原
写真を拡大 徳島大のサークル「ふるさと愛好会」の学生たちがボランティアで参加し、イベント案内を手伝った。合間の休憩時間に記念撮影=阿波市阿波町本町